事例 YAMAHA Motors - ビートラックス (btrax)

YAMAHA Motors

ymaha-heroimage

ブランド価値をビジネス価値に変化する新たなチャレンジ

ヤマハが誇るブランド力をよりビジネスに活かすためのビジネスに対するプロトタイピングプロジェクト。
これまでのモノを作り売るビジネスモデルから、コトを提供しユーザーからの共感を得るコトでブランド価値を高めるコンセプトへの移行を進めるのが目的。その第一歩として、国内向けに人と人が助け合う「FIST-AID」をリリース。最終的にはグローバル市場も視野に入れている。

  • INDUSTRY

    モビリティ

  • DELIVERABLES

    コンセプト発案
    コンテンツ企画
    UIデザイン
    プロトタイプ作成

  • TARGET MARKET

    グローバル

yamaha-huge-image-1

PROTOTYPING

プロトタイピング
プロジェクトの提案

企業理念や経営理念に基づき、モノにとどまらず、ブランドそのものの体験価値をユーザーからの共感と共創を通じて高めていく「ブランドファンディング」という包括的なプロジェクトを提案。プロジェクトそのものをプロトタイピング形式で実施し、段階的に展開していく計画を立てました。

yamaha-huge-image-2
yamaha-big-image-1
yamaha-big-image-2

CONCEPT MAKING

新たなビジネス価値
の創造

第一弾として発表した『FIST-AID』では、支援型の購買体験の提供や、ユーザーコミュニティの構築など、クラウドファンディングを軸にプロジェクトを展開。防災とライダーを掛け合わせ、新たな価値を創造するための足がかりとなるコンセプト構築に寄与しました。

pagetop