福岡から世界へ!スタートアップ・起業家育成プログラム参加者募集中 福岡から世界へ!スタートアップ・起業家育成プログラム参加者募集中 福岡から世界へ!スタートアップ・起業家育成プログラム参加者募集中

JP

OVERVIEW

経営ビジョンに「世界一の靴下総合企業の実現」を掲げるTabioが新たに目指した市場は米国。その米国市場で一流ブランドとしてのポジションを構築することをミッションに、デジタルを中心としたブランディング及び販売モデルの確立を目指しています。

また、ターゲットであるミレニアル世代の心を掴むため、リアルタイム性とユニークさを兼ね揃えたプロモーション施策を打ち出し、Tabio USAのブランドバリューを伝えていきます。

what we provided

Tabioの米国進出における最初のアクションは、米国市場とターゲットユーザーのリサーチ、そしてブランドのポジショニングでした。その後、D2CオンラインストアTabio USAを構築し、米国で活躍するファッションスタイリストやPRコンサルタントを含むクリエイティブチームを編成し、ブランド動画や地元ファッションショーへの露出、インフルエンサーからの協力などを通じて、枠に囚われないプロモーションを展開しました。
RESEARCH

RESEARCH

ブランドポジショニングを探るため多角的なリサーチを実施

米国市場でTabio USAのブランドを確立させるため、まずは多角的な視点でユーザー理解に努めました。具体的にはユーザーの生活に関連する情報を得るために広い範囲でリサーチを行い、ブランドのポジショニングに繋がるインサイトを習得することができました。

Services: マーケットリサーチ(デモグラフィック、競合) / トレンドリサーチ (eコマース、ファッション)/ ユーザーリサーチ(サーベイ、フォーカスグループを通したペルソナ設計)

EDUCATION

EDUCATION

イノベーティブなマインドとは何かを把握

成功しているD2Cスタートアップが持つマインドやサービス開発手法について学び、その後実際にフィールドワークで成功ブランドの事例を知ることで米国展開に必要なマインドを把握。

Services: デザイン思考・トレンドセミナー / フィールドワーク

CONCEPT

CONCEPT

ローンチ戦略立案・ブランドコンセプトの構築

ResearchとEducationのフェーズで得たインサイトからペルソナを作成し、ユーザーを定義。またそのユーザーに提供できる価値を定義するため、ブランドコードを策定し、プロダクトコンセプトを立案。

Services: カスタマージャーニーマップ設計 / ブランドコンセプト構築 / ビジネスプラン構築(STP、プロダクト戦略)

PROTOTYPE

PROTOTYPE

商品販売のためのECサイトを構築

オンライン販売が主流の米国市場でTabio USAを確立させるため、D2C型のオンラインストアを構築しました。サイトのUI/UX設計のほか、Tabioが誇る50年の歴史を綴ったブランドストーリー動画とNY、LA、SFの3都市でのルックブック撮影など、ブランドの認知度を高めるためのコンテンツを制作。

Services: ウェブサイト構築(UI/UXデザイン、ビジュアルコンテンツ制作)

VALIDATION

VALIDATION

ユーザーからのフィードバックを収集

ターゲットユーザーが求めていることを把握するため、ユーザーテストを繰り返し実施。また、地元のイベントにポップアップストアとして出店することで、ユーザーのリアルなフィードバックの習得に繋がりました。

Services: ユーザーテスト(1on1、イベント、ポップアップストア)

EXPANSION

EXPANSION

認知度を高めるための空気作り

認知拡大を目的に、インフルエンサー、SNSでのキャンペーンやオンライン広告、PR施策、ポップアップストア、メールマガジンなど様々な施策を実施。

Services: 初期ユーザー獲得・認知向上サポート(SNSマーケティング、メールマーケティング、インフルエンサーマーケティング、オンラインアド、ポップアップストア、PR支援)

CLIENT FEEDBACK

「世界一の靴下総合企業の実現をビジョンに掲げている企業として、米国への進出と成功は必須だと考えていました。だからこそ、今回btraxと一緒に小売先進国の米国にて新たな販売モデルであるD2Cに挑戦いたしました。 米国では靴下に対する考え方が異なり、日本ほど日常の装いにアクセントと快適さを加えるアイテムとして確立されていません。そのため、既存・潜在需要以上に、発信・供給し続けることでの新しい需要の創造が必要です。 今後は日米の違いを理解した上で同質であるべき点、あえて異質であるべき点を意識し、存在感のあるブランドにしていきたいと思います。」

LET’S MAKE IT HAPPEN

新たなサービス/プロダクト開発におけるアイデアを一緒に生み出しませんか?

contact us