事例 pixiv - ビートラックス (btrax)

pixiv

pixiv

アニメアートプラットフォームの北米での価値を定義する

日本国内でアニメファンの間で絶大なる人気を誇るPixivの北米でのポジショニングと最適なユーザー体験を理解し、より価値の高いサービスにするためのプロジェクト。

リモートベースでのユーザーインタビューとエキスパートインタビューを元に、デザインスプリント型ワークショップを通じ、Pixivの今後の北米での展開プランを作成しました。

  • INDUSTRY

    インターネット

  • DELIVERABLES

    ユーザーリサーチ
    エキスパートインタビュー
    UXリサーチ
    デザインスプリント

  • TARGET MARKET

    アメリカ

USER RESEARCH

リサーチ・ユーザーインタビューを実施

アメリカ市場と現地ユーザーを対象に、pixivが掲げるVisionを実現するためのアプローチの方向性を定めるリサーチを実施。オンライン調査、専門知識を持つユーザーへのエキスパートインタビュー、既存/潜在ユーザーそれぞれへのインタビューといった多角的なリサーチから、サービスに限らず、アメリカ特有のアニメ・漫画に関するインサイトを獲得。

btrax

USER RESEARCH

オンラインワークショップを実施

ユーザーインタビューの結果から、深掘りすべきテーマや課題を選定し、全編オンラインでのワークショップを実施。エンパシーマップやバリュープロポジションといったフレームワークを活用しながら既存ユーザーへの共感と理解を深めました。そして、届けるべき体験を定義し、潜在ユーザーに焦点を当て、ユーザー拡大策となりうる施策の考案を行いました。

btrax
btrax

pixiv

海外進出の体制を自社だけでつくるのは、コストもリスクも難易度も、どれも高いです。btraxさんと共に、高速かつ深さがあるリサーチを実施することができてとても助かりました。啓蒙者として弊社にパワフルな影響を与えてくれたと思います。

Jin Zhaoli 金 釗立
Lead Product Designer

pagetop