福岡から世界へ!スタートアップ・起業家育成プログラム参加者募集中 福岡から世界へ!スタートアップ・起業家育成プログラム参加者募集中 福岡から世界へ!スタートアップ・起業家育成プログラム参加者募集中

JP

OVERVIEW

Blue Labは金融関連に限らずあらゆる産業・業種に視野を拡げ、ブロックチェーン、IoT、ビッグデータ・AI、電子マネーなど新たなテクノロジーを活用し次世代のビジネスモデルを創造していくインキュベーター企業です。今回新たなサービスアイディアを実現するアプリ開発において、ユーザへの価値検証、UX/UIのデザイン改善を目的としてデザインスプリントを実施しました。

what we provided

東京にあるbtraxオフィスの会議室で5日間プログラムに集中できる環境を用意。クライアント側からはディサイダーと呼ばれる意思決定者、該当分野に詳しいエキスパートメンバーやエンジニア、btraxからはサンフランシスコから来日したデザインスプリント経験豊富なファシリテーターやUIデザイナー等がチームメンバーとして参加し、多様なチームメンバー構成でMapping、Sketching、Deciding、Prototyping、Testingと呼ばれる5日間のプロセスを実行しました。また、該当の分野に詳しいエキスパートのコーディネートやユーザテストの対象者の選定・募集も行いました。
CONCEPT

CONCEPT

Mapping~Sketching: 課題に対して共通認識を持ち解決策の方向を決める

前日までに参加者各自で調査を行った状態でプログラムがスタート。Mappingと呼ばれる1日目のフェーズでは、大きな目標の設定と解決すべき課題・ターゲットの特定を、2日目のSketchingでは各自解決策のスケッチを行い、チーム全員で投票し解決策の選定を行いました。

Services: デザイン・スプリント

RESEARCH

RESEARCH

Storyboarding~Prototyping: 全体のシナリオを決め、プロトタイプを構築する

3日目のフェーズでは、ストーリーボードを使ってプロトタイプの全体のシナリオ案を構築し、4日目には実際にInvisionを使ってアプリのプロトタイプを制作しました。

Services: デザイン・スプリント

VALIDATION

VALIDATION

Testing: ユーザーからのフィードバックを得る

5日目のフェーズでは、5名のターゲットユーザーから実際にプロトタイプに対するフィードバックを獲得。インタビュー形式でアプリをじかに触ってもらいながら直接フィードバックを得ることで次の改善点を見つけることができました。

Services: デザイン・スプリント

CLIENT FEEDBACK

「それぞれ違うミッションを背負ったメンバー達が、一つのことにみんなで取り組み短期間でやり遂げることは、チームの組成にも寄与できるものと確信した。また、現場だけで進めるのではなく、上の役職の人たちもデザインスプリントに巻き込んで、どんどんアイディアを出してもらうことが必要と感じている。これまでは企業が一方的な都合でサービスを提供してきたが、真のユーザニーズを探り、それに応えていくことの大切さを実感した。」

CTO, Blue Lab

Mitsunobu OKUBO

本事例はブログ記事でも紹介してます

LET’S MAKE IT HAPPEN

新たなサービス/プロダクト開発におけるアイデアを一緒に生み出しませんか?

contact us